• 2019.01.12

    薪ストーブ

    薪を集めるのは大変です。

    今のところ、なんとか事務所の薪も自宅の薪も足りています。

     

    薪は購入すると結構お金がかかります。

    最近、薪屋さんが増えてきていると思いますが、値段が10年前と比べると倍近くなっているのではないかと思う。

    更に困るのは、送料です。これが10年前と比べると2倍どころじゃないと思います。横持ちの料金もかかってくる場合があります。

    高い薪を買ってまで薪ストーブは使えないよ、と良く耳にしますが、確かに・・ですよね。

     

    そんな時は

    山に登りましょう。

    森林ボランティアに参加しましょう。

    造園屋さん、製材所などに声をかけてみましょう。

    木を切っているところを見たら、ちょっと声をかけてみましょう。

    市役所などの案内に注視してみましょう、そして倒木がもらえないか聞いてましょう。

    近くに山・木を持っている人がいたら、勇気を持って声をかけてみましょう。

     

    自分で薪を集めてみましょう。

    自分で割って積んで、一年乾かしてみましょう。

    体を動かしただけ冬に使う薪は大切に使うようになります。

     

    そして、大切な薪を使って家族で暖まりましょう

     

     

     

    今日の工事は ドブレ640CBJです。長い間ベストセラーだった640CBJも憩暖ではこれが最後の設置工事でした。このカラーがお気に入りでしたが、昨年末にドブレ640WDにバージョンアップとなっています。

    見納め

     

     

     

     

    これで2階も暖かいですね。

     

     

     

     

    焚愉人

     

     

     

     

     

  • 2019.01.10

    薪ストーブ

    1月

    何年か前までは、1月はそんなに忙しくなかったように記憶している。

    年末までになんとか工事を終わらせて欲しいという依頼が多くて、年末まではすごく忙しいけど、年を越すとピタッと止まったりしていた。

    でも最近は必ずしも年末までにという現場も減ってきて、年明けにお願いしますという依頼も増えてきた。

     

    暇なら暇で、時間をかけて倉庫を掃除整理したり、事務所の中を掃除したり、書類や1年間の現場の資料をまとめてファイルにしたりしていた。展示のストーブを模様替えしたりしながら、「よし、今年はこの機種を一押しで行こう!」なんて考えていたりした。普段できない時間の使い方ができたように記憶している。

     

    年末から膝を痛めてしまい、屈伸ができずにいた。今はだいぶ良くなってきたが、まだ痛い。整形外科に行って診てもらったけど、レントゲンを撮っても、血液検査をしてもなんも悪くないとの事。特にぶつけた記憶もなく、歳だろうか??

     

    無理せず一年頑張ります!

     

    今日はヨツールF400の設置工事でした。養生してしまった後で、煙突だけ写真撮りました。ストーブ見えてませんが、取扱説明はまた後日なのでその時にまたアップしますね。

     

     

     

    焚愉人

  • 2019.01.09

    薪ストーブ

    あけましておめでとうございます

    今年もよろしくお願いいたします。

     

    2019年がスタートしています。仕事始めは7日からでした。今日で3日間経過し、休みボケもなくなり、通常の動きに戻っています。予定も埋まってきて1月から忙しくなってきました。新たな一年をスタッフみんなで頑張っていきたいと思っております。

     

    さて、年末年始からストーブをずーっと使っている方は要注意です。

    空気を絞りすぎていませんか?

    薪が無くなったからといって、まだ乾燥していない湿った薪を燃やしていませんか?

    ドアのガラスが真っ黒のまま使っていませんか?

    1月末ぐらいから煙突を詰らせる人が多くなります。

    あれ?なんだかおかしいな?部屋に入るとなんだか変なにおいがしてきたぞ?などなど

    変化に気づいて、悪化しないように気を付けましょう!

     

    今年は写真を中心にブログに掲載していきたいと思います。

    フェイスブックやインスタも随時アップしていきますのでこちらもチェックしてくださいね!

     

     

     

     

     

     

     

    焚愉人